【トリミングサロン】
滋賀県の南草津・草津・栗東・守山エリアにある ドックサロンオズ

メールでお問い合わせの方WEB予約はこちらから
TEL (草津粟東本店)077-552-2055 (草津粟東本店)077-567-8899 salon 9:00~18:30(水曜定休)

ABOUT オズのこだわり

愛犬の口腔ケアについて愛犬の口腔ケアについて

投稿日 : 2017年03月03日

愛犬のお口がにおう・・・とお困りのオーナー様の声をよく伺います。当店でも歯磨きは人気のオプションメニューであり、飼い主さんの関心の高さを感じます。ですが統計では3才以上の犬の80%が歯周病だと言われているそうです。こんなに関心が高いのになぜ歯周病のワンちゃんが多いのか?

歯周病は、内臓疾患•認知症といったもっと怖い病気の引き金にもなります。口内のばい菌が内臓や脳、心臓にまわって病気を引き起こすのです。

今回は愛犬に長生きしてもらうためにも大切な『犬の口腔ケア』について、詳しくお話していきます。

 

なんで、お口が臭うのか?

臭いの正体は『揮発性イオウ化合物』

揮発性イオウ化合物は、口内の食べカスを細菌が分解する際に発生する物質です。この物質は臭いを発生させるだけでなく歯周病を誘発してしまいます。揮発性イオウ化学物を発生させないためには、食べカスを取り除く事、歯磨きが大切だという事です。

人間と犬の違い・・・

人間では、当たり前に毎日歯をみがきますが、愛犬にとっても同じようにお口のケアは大切なのです。

口内環境の違いから犬は人間と違い虫歯になりにくいです。ではなぜ、愛犬の歯磨きは大切なのでしょうか?

それは歯石になるまでの過程にあります。人は歯石になるのに20日近くかかるのに対し、犬はわずか3日で歯石になってしまいます。(*特にチワワ、プードル、ダックス、ヨーキーなどの小型犬は一般的に歯石が付きやすいです)

歯石や歯垢の菌は、歯茎に炎症を起こし炎症した歯茎から菌が全身を巡り様々な病気を引き起こします。炎症からくる痛みから、口周りを触らすのを嫌がるようにもなります。酷いと、顎の骨が溶け口の中と皮膚が貫通してしまうこともあります。犬の場合、お口のケアは、虫歯予防のためではなく歯周病や歯肉炎予防のために必要なのです。

 

正しいケア方法

毎日~最低3日に1回はお家で愛犬の歯磨きをするのが一番効果的です。

歯磨きは子犬の頃から慣れさせて、一生を通して行ってもらう事が大切です。成犬で今まで、歯磨きをしていない愛犬でも遅すぎるという事はありません。歯磨きに徐々に慣れてもらうよう工夫しましょう。

初めは、指にガーゼなどを巻きつけて代用し少しでもお口を触らせてくれたら、褒める、おやつを与える、などして愛犬が嫌にならないよう短時間、毎日少しずつ行い慣れてもらうのがいいです。

時間はかかるかもしれませんが、焦らず少しずつ気長に行うことで、歯磨きをさせてくれるようになります。

徐々にガーゼなどでならし、本格的に歯ブラシへ移行するのがベストです。最終目標は歯ブラシでの歯磨きです。歯ブラシでなければ、小さな歯のすみずみまで行き届きません。歯周病予防のためには、歯と歯肉の境目もしっかりブラッシングしてください。

・すでに炎症がひどい場合は、病院での歯石除去も考えてみる。

病院の歯石除去のメリットは、しっかりレントゲンを撮り完全に治療してくれることです。悪化していて健康な状態でない歯ならば抜歯もしてくれます。グラグラしている歯や炎症を起こしている歯がある方が、食べにくく病気の原因になります。わんちゃんは、歯が数本しかなくても、ごはんを食べることに影響はないです。ただし、全身麻酔のリスクは、0ではありません。高齢犬で持病などある場合などで負担になってしまう可能性もあります。かかりつけの獣医さんにご相談の上、オーナーさまがリスクを理解した上での処置になります。

・それ程ひどい状態でない場合、麻酔なしの歯石除去もいいと思います。

『歯石除去をしたし、もうこれで安心!』はない。

何もしなければ、すぐにまた必ず歯石がついてしまいます。

当店でも歯ブラシや歯磨き粉の取り扱いがあり、オーナー様に使い方をお伝えしています。1度ではなかなかスムーズにいかないかもしれませんが、何度でもレクチャーしますのでぜひマスターしてください。

 

どうしても歯みがきができない場合

歯石が付く量を減らすためにオーナーさまが出来ることをしましょう。

・ウエットフードや人のご飯などは歯石が着きやすいので、なるべくドライフードを与える。

・飲み水は給水ノズルからペロペロ飲むものではなく、水をはった食器から与える。

(必要分しか水が出てこない給水ノズルでは、お口の中を十分にすすぐことができません。)

・歯石の吸着を防ぐサプリやおもちゃ、おやつなどを与える。

・トリミングサロンで定期的に歯磨きをする。

などを実践してください。

 

初めから口の臭い犬はいません。必ず、原因があります。

最低3日に1回、理想は毎日するべき歯磨き。『そんなに?』と感じるかもしれませんが、慣れればたった5分で、あらゆる病気や歯石除去での麻酔のリスクもなく愛犬の健康を守ることが出来るのです。

歯磨きは愛犬にご飯を与えるのと同じくらい日常的なお世話の一つと認識し、いつまでも健康で素敵な愛犬とのパッピードッグライフを過ごしましょう。

SHOP INFORMATION

ご予約やご質問など、お気軽にお問い合せください!!

Dog Salon OZ オズ
 TEL (草津粟東本店)077-552-2055 (草津粟東本店)077-567-8899 salon 9:00~18:30(水曜定休)
先頭へ戻る
ドッグサロンオズスタッフが皆さまをお待ちしています!